*

建設業について

建設業とは・・・・

一般に建設と言えば、建物を建てるイメージが強いかもしれませんが、定義としては、建設業法に規定するおよそ28種類の建設工事の種類にある工事を請け負う業種の事を指します。

建設業者として、住宅を建てて建売したり、マンションを建設して分譲マンションとして販売することが多いので、宅地建物取引業(不動産業)の免許を取得し、同社・またはグループ会社で不動産業を行うことも多い。そのため、建設業と不動産業は密接な関係があります。

28種類の業種一覧

主に建設業法上の許可として、以下の28種類があります。

・土木工事業
・建築工事業
・大工工事業
・左官工事業
・とび・土工工事業
・石工事業
・屋根工事業
・電気工事業
・管工事業
・タイル・れんが・ブロツク工事業
・鋼構造物工事業
・鉄筋工事業
・ほ装工事業
・しゆんせつ工事業
・板金工事業
・ガラス工事業
・塗装工事業
・防水工事業
・内装仕上工事業
・機械器具設置工事業
・熱絶縁工事業
・電気通信工事業
・造園工事業
・さく井工事業
・建具工事業
・水道施設工事業
・消防施設工事業
・清掃施設工事業

建設業をおこなうにあたっては、許可をとらなければならず、請負工事の種類に応じた許可制となっています。

従業員を雇わず、一人で事業主として作業を行う場合であっても建設業者として、許可を受ける必要があり、一人親方と呼ばれます。また、個人や法人の区別、元請や下請といった区別に関係なく許可を受ける必要があるとされています。

建設業界で働こうと考えている方は、上記の業種から興味のある業種を探して、実際の現場に足を運んでみたり、見学させてもらったり、アルバイトを通して経験してみるのも良さそうです。

一般の方にとっては、建設業の方と関わるのは、住宅の新築・リフォームの際が多く、建設会社1社に依頼すれば、その他の工事は関連会社や下請会社に作業していただくことになるので、個別に対応することはほとんどないかもしれません。

工事を依頼する業者がしっかり許可を取得して営業をおこなっているなど、最低限のチェックは必要です。

PAGE TOP ↑